幼稚園、保育園のこどもに向けた本



運動が得意な子もいれば苦手な子もいて、
早く走れることが大事なことじゃない。

一生懸命やることが大事だって、書かれていて。
大きくうなずきました。

わたしが息子たちに伝えたいことも、まさにそういうこと!!

大人にとっても大切な指針が書かれている


ういさんとビリギャル著者の坪田さんの対談もとても良かったです。

☑自分自身と約束し、それを守る
☑本当にやりたいことを探す
☑親の言うことを聞かなきゃならないわけじゃない
☑夢は口に出してみる
☑できると思って挑戦する、自信を持つ

大人にとっても大切な指針です。

秒速で5才児がアウトプット!本の影響力がすごいw



まだ字を覚え始めたばかりの息子は、
絵本じゃない「本」が新鮮みたいです。

今日は5行読みました。

コツコツ読んでいくのに付き合っていこうと思います。
とても時間かかりそうですが(苦笑)
母もがんばります!

なんて書いてあった?と聞くと
「字が読めると楽しいんだよ!」と教えてくれました。

かわいい手紙がリビングに…



読み終わったらういさんにお手紙を送ろうと思います。
まずは全部読んでから手紙を書こうね、と息子にはお話しします。

本の購入はこちらから
>>小冊子「しょうがっこうがだいすき」(著・秋元うい、対談・坪田信貴さん)【幼稚園児・保育園児向け】