世界エイズデーキャンペーン「HIV/エイズとともに前向きに生きる」を実施します


世界エイズデーとは?



「HIVと共に、前向きに生きる」に込めた思い







ニュースリリースを抜粋


このキャンペーンは、世界レベルでのエイズのまん延防止と患者・感染者に対する差別・偏見の解消をめざすという世界エイズデーの主旨にのっとり、PLASがアフリカのエイズ孤児に取り組む国際NGO・国際協力団体という観点から、日本国内の多くの方にHIV/エイズの諸問題に触れていただくことを目的に実施するものです。

----------------------
キャンペーン概要
----------------------

2018年は [1]リティフットサル大会 [2]チャリティオークション [3]募金キャンペーン の3つの企画を実施予定です。
※Twitterハッシュタグ : #wad2018

=[1] チャリティフットサル大会=

12月8日(土)午後、初心者/経験者を問わず、スポーツを通じた社会貢献やチャリティに関心のある方を対象として、東京都町田市のグリーンヒルズ緑山フットサルパークで開催します(2018年11月12日現在、参加者募集中)。
当日の参加者には、レッドリボンをイメージしたオリジナルの赤いシリコンバンドを参加賞としてプレゼントします。

=[2] チャリティオークション=

毎年5月の世界エイズ孤児デー・12月の世界エイズデーに合わせて例年開催しており、趣旨にご賛同いただいた著名人の方からご提供いただいた物品をネットオークション「ヤフオク!」で出品しています。
※第1回出品予定日:2018年11月20日(火)

【参考/前回(2018年5月実施)のご協力者様】
赤星憲広様、アグリム様、有森裕子様、諫山創様、植田まさし様、ウド鈴木様、漆原友紀様、尾木直樹様、カナヘイ様、加山雄三様、岸田護選手、北見けんいち様、キューライス様、紺野美沙子様、サタケシュンスケ様、佐藤雅晴様、澤穂希様、篠原信一様、スザンヌ様、SEKAI NO OWARI 様、高橋留美子様、田中雅美様、つるの剛士様、楢崎正剛選手、東尾理子様、一ツ山チエ様、広末涼子様、古川愛李様、ポテ豆様、my様、mame&co様、八代亜紀様、和田毅選手
※今回のご協力者様については別途お問い合せください。

【参考/前回(2018年5月実施)のご協力企業様】
ヤフー株式会社様・株式会社イデアインターナショナル様・パッケージアート株式会社様


=[3]募金キャンペーン=

世界エイズデーに関心を持っていただいた方の一つのアクション手段として募金の機会を設けるとともに、特設ページではPLASが2018年より開始した「アドヒアランス」事業をご紹介します。

【アドヒアランスとは】
世界保健機関(WHO, 2003)によれば「服薬、食生活、ライフスタイルといった人間の行動が、医療者による指導や助言に一致している程度」と定義されています。
PLASは2018年より、患者の経済面と栄養面の問題の解決・医療者のファシリテーションスキルの向上・家族や地域など周囲からのサポートや関係性の向上を目標に、ウガンダのルウェロ県で現地パートナー団体とともにアドヒアランス事業として活動を実施しています。

※こちらのページは、2018年11月12日(月)午後12時頃に公開予定です。

--------------------

◆本件お問い合せ先
 当キャンペーンの内容や、法人様のご協賛・協働等については下記までお問い合せください。
 メール:info@plas-aids.org
 電話 :03-6803-0791 (月〜金 10:00-17:00)
 担当 :和泉直孝(いずみ なおたか・ファンドレイズマネージャー)