image
家事効率化のつぶやきが思いのほか好評でした。
3兄弟育てながらフルタイムで仕事中、両方の親は遠方なので、それなりにノウハウを持ってます。



共働きが仕事と育児、家事を両立するなら、家事の効率化は必須。
私が見つけた3つのコツ。

三種の神器を使い倒せ!


1つは、王道といわれるワーキングカップルの三種の神器、お掃除ロボット、洗濯乾燥機、食洗器を使いたおすこと。
初期投資はかかりますが、耐久性もあるので、投資効果は非常に高いです。

お掃除ロボはもちろんルンバ。ルンバ使用を前提にソファは「ルンバブル」(ルンバが下を通れる高さ)にしてます。安いやつだと、3万円台からありますよ。

【数量限定 最大1,200オフクーポン配布中】【国内正規品】 iRobot ロボット掃除機 ルンバ 622 ホワイト


ミニマルなモノで暮らす

2つ目は、ミニマルなモノで暮らすこと。
不要なものはあげるか、捨てる。

家にあるタオルやマグカップの数が言えますか?
言えない人はたぶんいらないもの溜め込んでる。

徹底的に減らせば、収納家具も減るし、家も広くなる。
実際これで、我が家は本棚、食器棚、リビングの棚、タンス、すべて捨てました。
だって、中が空だから!

これで、片付け・掃除時間を削減できます。
モノがないと、ルンバの走りもいいですよ~!

そして、不要な物を買わなくなると、買い物時間も減る。

実は、この本を読んだことから、すべてが始まりました。
まだ読んでない方は、ぜひ!さらさらっと読める文章です。
人生観変わりました…。そして家がきれいになりました。


ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -


定番のこんまりさんの本も、断捨離、お片付けモチベーション上がるのでお勧めです。

人生がときめく片づけの魔法


「迷う」時間を減らすシステム


3つ目は、物事を決断するまでの「迷う」時間を削減すること。
週に3回でも食事のメニューを固定するだけで、時間削減になります。
何を作ろうか考える時間、食材を迷いながら買う時間が減ります。

それから、2つ目にも通じるけど、モノが少ないと、なにかと必然的に迷う時間が減ります。
今日何を着ようか?
どの服を何を買おうか?
っていう時間が減るんです。

ちなみに我が家は、3兄弟になってから、育児と家事の改善を重ねているんですが、一番効果があったのは、夕食の固定化かな。

平日はうどん、野菜炒め、餃子、パスタを固定、残り1回は固定しないようにしています。
食材は生協宅配。

で、毎週買うものが決まるので、それは定期便に指定し、発注すらしなくていいようにしてます。
考えないどころか、発注さえしない!

食材を「発注する」という行為がなく、1週間が回るというのは結構、画期的です!
発注を忘れたとしても、大丈夫!
固定していない1日分は、家にあるものを組み合わせて適当にやれば、何とかなりますw
さらに、月に1度か隔週でティッシュペーパーやおむつなどが自動で届くようにしています。
とにかく、徹底的に、「迷わない」「考えない」システムを構築しています。あなたがやっている、いいアイデアあったらぜひ教えてください!