image
小沼君がプロボノについての興味深いツイートをしていました。
留職をプロデュースする彼だからこそ、いろいろ見てきたこともあるんだろうな。



私が代表を務めるプラスでも、プロボノの方が大活躍してくださっています。
だからこそ、思うこと。



専門性を持たないけど、「プロボノ」として働きたい人もいる…。
けど、それはちょっとちがくない?という話。

その人が本当に「プロボノ」として活躍できる人なのか、団体側が見極める目も必要。



プラスでプロボノしてくれていたイケダさん。
彼はプロフェッショナル中のプロフェショナル。
また、素晴らしいリーダーシップでNPOのメンバーたちの力を発揮させる人。


そういうのはありかもしれないですね。
わたしもVALUやってますが、優待は何もまだ設定していません…。
私のアドバイス、ためになるかしら。

そして、andu ametの弘子ちゃんも、つぶやく。
andu ametのプロボノの皆様、私もイベントでお会いしたりしましたが、
みなさんかっこいいのです。
プロボノに支えられている彼女の言葉も重い…!

すごく同意。
結局、それぞれのリーダーシップという名の積極性、主体性が必要だと、私も思う。