今日は息子のいとこたちが遊びに来てくれて、
家で大騒ぎ→ハーフバースデーのお祝い→電車博物館、
からのNGOワーママ飲み会!

とっても楽しく、そしてみんなの工夫や試行錯誤、
日々の奮闘に勇気をもらった~!

当たり前だけど、みんなそれぞれの事情、それぞれの状況の中で、
頑張ってるんだよね~

いつ、どうやって掃除してる? 
洗濯は?
買い物は?
出張は?
ごはんは?
寝る時間は?起きるのは?
子どもが病気の時は?
保育園のお迎えは?
ママ友との関係は?

とかとか、そんな、日常に根差した、いろんなクエッションが飛び交い、
感嘆と、笑いと、共感がはんぱない!
そんな時間。

さて、最近、私の頭を悩ませていたのは、
海外出張に向けた授乳の調整について。

1歳までは授乳したいと思っていたんだけど、
出張の際の乳腺炎予防のために、
授乳量を極力減らした状態で、出張したいんだよね。

そうすると、そのまま断乳の可能性があって、
というか、第一子はそれで断乳してしまった経緯があるので、
私の中で、出張→断乳は鬼門みたいな感じw

そんな不安を、飲み会でちょっと吐露してみたら、
なんか、すっきりしたかも。

断乳になったら、それはそれでいいし。
こだわりは、捨てよう。

そう思ったら、なんか、ワクワクしてきたかもしれない。
自分で自分のマインドを変えた先にある、変化。
なんか、面白そうじゃない。

年始にたてた目標の一つがね、
「家では原則母乳のみで生後半年まで育てる。」
ただし、「つらくなったら目標自体を手放す」という但し書き付き。

奇しくも、二日後に、息子は生後半年。

で、結局、
この目標、手放せなかった。手放さなかった。

ここまで、家では母乳のみで育てました。
ミルク、開封してません。
今日も飲み会に行くのに、300CCくらいの冷凍母乳を夫に託してきたわけ。
保育園にも、毎日母乳を届けました。頑張りました。

でも、もう、この目標ともさよならして、
自分の欲求や感情に、もう一度、まっさらな気持ちで向き合ってみよう。

そうしたら、自分の声が聞こえてきた、、、。
『「母乳で育てたほうが良い」 なんていう執着を捨てたいよ!』って!
うん、そう言葉にすると、捨てられる気がする。


保育園に毎日冷凍母乳を届けた私。
その先にみえたもの。

そう、それはね、
「そんなこと、あんまり意味ないよ!」ってこと!
が~ん!w

いや、意味はあったんだけどね。
それは、あくまで自分が意味づけをしていただけであって、
マインドを変えれば、「意味ないよ!」なのです。

そんなこんなで、
今、この執着を手放そう、手放せるかも、って気がしてきました。