pic_sf

11月17日、NPOサポートセンターのセミナー“寄付金300%アップの秘訣は支援者情報の活用にあった!「今日から始める支援者情報の整理と有効活用」”に参加してきました! 

このセミナーは、『3年間で寄付金300%アップを実現したNGO団体「エイズ孤児支援NGO・PLAS」の事例を踏まえ、活動を支援したプロボノ社員がその裏側と秘訣を紐解きながら解説します。寄付金をアップするための戦略づくりや、データの整理の仕方、みんなで使えるシステムづくりのノウハウを初公開します。』というもので、プラスを事例にした内容でした。

プラスの事例を、プラスのスタッフが聞いてどうするんだと言われそうですが…
非常に濃く有意義な内容でした。

というのも、このセミナーはただの事例紹介ではなく、支援者情報管理と活用について、3つの視点から学ぶことができるからです。

  1. そもそもどう目標設定をし、成果指標を何に置くか。
    いわゆるゴール設定からKPI設定まで、その流れと関連性をかなり丁寧に解説してくださいました。こういう話って、聞けそうで聞けない内容・・・。おさらいのつもりで聞いたのですが、聞いた後には、「ああ、できてないところがぼろぼろと見つかった…。」という状態でした…。団体に持ち帰った課題が8つほど・・・。

  2. どうPDCAサイクルを回していくのか
    目標設定をして、KPIも設定されて、数値をとることができる状態になったとして、どんなサイクルでどうPDCAサイクルを回していくのか、イメージがつきにくかったりもしますよね。これについては、具体的にプラスの事例を基に説明がなされていて、非常にわかりやすい内容となっていました。

  3. どうデータベースを設計するのか
    実際に活用しよう、となった際に、データベースを団体流にアレンジする必要があります。その際にどのような考え方で項目をつくっていくとよいのか、大まかな考え方を教えて頂きました。ここについては、ある程度抑えているので、「ふむふむ、なるほど」と、これまでのおさらいとなりました。

セミナーを受けながら、プラスとしてやるべきこと、抜けていたことをメモしていきました。
さっそくこれから取り組んでいこうと考えているところです。

一番大きな収穫としては、寄付収入と関連する年間計画については、すべての情報を目標数値に落とし込んで、セールスフォース上で管理し、「実施した内容がどう評価されるか」ではなく、「計画したけど実施されなかったことは何か」などもわかるようにしていきたいなぁと。
できなかったこともきちんと可視化する、ということです。

これからセールスフォースに導入を考えている団体にも、またすでに導入していてさらに活用していきたいという団体にも、お勧めできる内容でした!
是非是非チェックしてみてください!

----------------
☆2014年12月11日(木)にも同じ内容のセミナーが開催されます!
★寄付金300%アップの秘訣は支援者情報の活用にあった!
 「今日から始める支援者情報の整理と有効活用」
会場 :NPOサポートセンター 銀座研修室
受講料:4,000円
詳細はこちら
--------------- 
☆2014年12月18日(木)、19日(金)には実践速習コースが!
★salesforce基本機能・操作を集中的に理解する「NPO実践速習コース」
回数:全2回
会場:NPOサポートセンター 銀座研修室
受講料:各回10,000円(全回受講18,000円)
詳細はこちら
---------------