実は今、プラスでクラウドファンディンに挑戦してみようと、計画中です。
クラウドファンディングを検討するにあたって、いくつかのクラウドファンディングサービスを比較してみました。

こうやって見ると、結構それぞれに違いが出ていて面白いです。これからプロジェクトを始めてみようと考えている人、組織は必見ですよ!

funding (640x446)

日本初のクラウドファンディングとして2011年にスタートし、現在では国内最大の約5億円を流通するNO.1クラウドファンディングサイトに成長。非営利組織の活用が活発で、被災地支援のプロジェクトが800万円以上を集めた実績もあります。


映画、音楽、アニメ、アートなどのプロジェクト多数。 クリエーターの方のプロジェクトにぴったりだと思います。all or nothing だけでなく、達成にかかわらず決済されるコースも選べるのが嬉しいですね。


T ポイントや楽天スーパーポイント、永久不滅ポイントなど様々なポイントで応援できるのが特徴。今のところポイントを使うことができるクラウドファンディングはここだけです。


クレジットカード手数料を除くと、なんと手数料0!集めた資金のすべてをプロジェクトに投入することができます。まだ新しいクラウドファンディングですが、今後注目です!


こちらもアートなどクリエイター系のプロジェクト多数。クリエイター系のみならず社会貢献系のプロジェクトも豊富。ビジネス系のプロジェクトは少ない印象です。


魅力的な画像、動画、文章表現、そしてギフトの設計について、テレビ番組制作、広告制作、雑誌編集の経験をもったコミュニケーションの専門家に相談できます。同じ手数料を払うなら、こうした特典がついている方がいいな、と思いますね。


ものづくりや農業などのプロジェクが多い印象。手数料が低く、決済方法も多様なので、使いやすそうですね。


サイバーエージェントグループが手掛けるクラウドファンディング。決済方法が多様。アメブロでブログを書いている著名人のプロジェクトも多く、PRに活用されている側面もあるようです。



プラスで検討した結果なのですが…
やはり決済手数料がもっとも低いmoonshotを選びました。
まだまだ新しいクラウドファンディングで、実績は多くはありません。200万円を集めたとして、手数料が20%だと40万円が手数料となるわけですが、moonshotであれば、これが10万円です。
この手数料は大きいかなぁと思います。

また、上記以外にも、様々なクラウドファンディングがありますので、ご紹介しておきます。(2014年8月13日追記

クラウドファンディングを日本で初めてASPサービスとして提供。クラウドファンディングのビジネス活用を全面的にサポートしてくれます。


クラウドファンディングでプロジェクトを始める際の参考になればうれしいです。